新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

新入定着の成否は「内定者期」にあった!②

update:
2016 03/14
カテゴリ:
新人フォロー

前回のブログでは、新入社員の入社後の立ち上がり・定着を左右するのは
「入社前の心の準備状態がキー」となることをお伝えしました。
今回は、内定期のフォローの具体的なポイントについて解説していきます。
 

 

■人事担当からみた内定者チェック
内定者のフォローをする前に、まずはその内定者が今どのような状況なのかを掴む必要があります。
前回ご紹介した内定者向けセルフチェックの項目にあるような観点で確認することをおススメします


 

■心の準備状態別のフォローポイント

過去に行った内定者アンケートの集計結果から、内定者の状態にはこの3つのタイプがよくことが分かってきました。
 
<主体的な進路決定>が不十分なタイプ
世間体や人の意見に流された結果、「本当にこの業界・会社でいいのだろうか」と未だに揺れており、
その会社に決めたことに自信や確信をもてていない

(フォローのポイント)
昨今の学生に典型的なタイプです。自社の情報提供するなかで不安を一つ一つとりのぞきながら、自分にとっての意味づけをさせることがポイントになります。在職社員をはじめとした実際に働いている人から得

新入定着の成否は「内定者期」にあった!

update:
2016 03/8
カテゴリ:
新人フォロー


 
新人若手世代は希少で替えが効きにくい時代へ
売り手市場が続く採用マーケット。今でさえ、求める人材の量と質の確保が難しいのに、今後はさらに新人若手世代の絶対数が減少=採用母集団自体が大幅に減っていくことが確実です。そのような背景から、「採用はもちろんのこと、新人がきちんと定着するための体制づくり」に真剣に取り組みたいという経営層・人事担当者様からのご相談が増えています。

 
事例から紐解く新人定着「成功のポイント」
入社時の導入研修や入社1年後のフォロー研修の機会を通じて、心構えやスタンスづくりを支援するという施策は効果的ですし実際に導入している企業様も多いのではないでしょうか。
しかし昨今では「より早期に新人を立ち上げたい」「入社すぐの離職が出てしまっており、入社後では遅いのかもしれない」でというご要望もいただいています。

既に効果をあげていらっしゃる企業様の取り組み事例から共通するのは…

◆ 出版業A社 ◆
「内定者が入社前に自社のタウン誌の取材現場へ同行する。実際の現場の雰囲気や先輩の働きぶりを肌で感じて、入社後ここで働いていくことの覚悟を持ってもらうことが狙い」

◆ 小売業B社 ◆
「内定承諾率が低く、入社後の定着にも

入社1年目終了前の振り返り研修のススメ

update:
2016 02/17
カテゴリ:
新人フォロー

早い企業様では4月入社の次の新入社員(現:内定者)の受け入れに向けた準備がはじまり、
懇親会などで今の新入社員が「先輩社員」として参加する機会もあるのではないでしょうか。

入社2年目ともなる「新人」としては見てくれず、よりセルフマネジメントが求められます。
新人卒業の節目のタイミングで、入社からこれまでの自分の行動や結果、
その時の自分自身の状態などの一連のことがらを総括し、
そこから自分にとっての意味やこれからも応用できそうな原則・学びを
見出す時間をもつことは、2年目以降の成長・活躍にとっても非常に有効です。

一人で整理して終わりではなく、同期などの身近な他人の客観的な視点ももらうことで
自分の特徴把握に役立てることができるので、集合形式で行うことがおすすめです。
今回は、プログラムとポイントについて解説していきましょう。

<振り返り研修のプログラム例>


 


■振り返り個人ワーク
◆ステップ1◆はじめに各自で、自身のコンディションを4月から今までの時系列で整理します。
モチベーションを高中低、負担感を良好普通注意の3段階でグラフ化してみます。


※ReCoBookの「コ