新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

新人が“小さな成功体験を積み重ねる”ということ

update:
2015 12/7
カテゴリ:
新人の特徴


「3歩進んで2歩下がる?! リクルート新人Sのどたばたダイアリーvol.2」
 
おひさしぶりです。リクルートキャリア新人のSです。
年末に向けて忙しい時期ですが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。
師走の12月にお届けするテーマはこちら。
「新人同期に聞いてみた!『今の仕事にどんな面白みを感じる?』」
仕事内容にも生活リズムにも慣れ、プロジェクトに深く関わる中、様々な職種で頑張る新人がどんなことを面白いと思って日々の仕事に取り組んでいるか、聞いてみました。


 
■ケース1:介在価値にやりがいを感じるまで
同期Mは営業職です。配属後に組織改編でグループを異動、最近まで新しい業務内容を覚えることに必死でした。
「正直、最初の配置換えは、『もっとやれると思ったのに』と残念だったけれど、新しい上司の元で働く経験ができて、自分の仕事や人に対する観察眼を鍛えられたと思う。今面白いなと思ってるのは、自分一人で顧客の元に行かせてもらえるようになったこと。事前準備の工夫や、自分のアイディアでお客様が喜んでくれると、自分なりの介在価値を作ることができているんだと思って、やりがいを感じるね。」
 
■ケース2:向上心が湧

新任課長の新人受け入れ奮闘記 Vol5. ‐新人は半年でどう変化するのか -

update:
2015 11/25
カテゴリ:
新人の特徴

秋もめっきり深くなり、日の沈む時間もかなり早くなりましたね。
早くも年末がすぐそこまで近づいているような気配を感じます。

新人が本配属されて半年以上経過されている職場が多いのではないでしょうか。
少し時間を遡る話になりますが、先月に私の部署の新人と半年間の振り返りをしました。

入社したばかりの姿を思い出すと、頼もしくなったと感じつつ、
一緒に振り返りの機会をもつことで何が変わったのか言語化をしてしました。
今回は私の部署の新人が半年で感じたことや学んだことから、
新人はどう変化するのかをお伝えできればと思います。

 

新人が苦労したこと

【“ふつうの社会人生活”に慣れなかった】

学生から社会人になり、規則正しく、朝に目を覚まし、遅刻しないよう出社し、
〆切やスケジュールを守りながら生活する。
この新しい生活リズムを作り、慣れる事に苦労した。

【自分のキャパを超えていく仕事量】

徐々に担当する仕事が増えたころから、一気に仕事のボリュームが大きくなり、
慣れない業務を複数並行して進めなければならなくなる。
すぐに自分の対応できる許容範囲を超えてしまう。
周りの先輩はそれを通常モ

新人・若手の成長~理想と現実のギャップ・自分との葛藤(2)~

update:
2015 11/2
カテゴリ:
新人の特徴

「3歩進んで2歩下がる?! リクルート新人Sのどたばたダイアリーvol.1(後編)」


こんにちは。 私は今年の4月にリクルートキャリアに入社した社会人半年目のSです。
仕事場の雰囲気や業務内容にも慣れ、徐々に仕事を任され始める入社半年の頃。
新人が何を思い、どんなふうに悩んで、日々会社に来ているのか、
同期や社外の友達にインタビューを敢行しました。

第1回目のテーマはこちら。
「入社半年、今の新人は何を考えているのか」
前編は、通信社で社会部の記者として働く友人Aへのインタビューをお届けしました。

後編は、Webサイト設計をしている同期Bへのインタビューです。
「新人でも一人前でもない自分の存在」

同期のBは、Webサイトの設計をしています。
日々の業務の流れは大体理解してきたものの、創意工夫をして自ら主体的に取り組むほどの力はまだなく、
入社から半年が経ち新人扱いの外れた職場内で、中途半端な立ち位置にいることに不安を感じているとのこと。業務内容も10月から段違いに複雑になり、やっとコントロールできるようになったと思っていたスケジュールやタスクを、もう一度組み立て直さなければならなくなります。

「慣れているはずなのにできない」