新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

新任課長の新人受け入れ奮闘記 Vol6. ‐残り2か月。何にこだわる? -

update:
2016 02/10
カテゴリ:
新人の特徴

pixta_17572722_S
本年度も残すところ約2か月。
新入社員が「1年目」として過ごすのも残り2か月を切りました。
 
本人たちは今どのように感じているのでしょうか?
 
私自身、このブログを書きながら、
“彼・彼女にこの一年目という大事な期間を実りあるものにできたのだろうか?”
と振り返ってしまいます。



面談で新人から出た言葉

「1年目はあと2か月」
「もうすぐ4月だね。4月から先輩になるんだよね。」
先日、面談で新人とこんな会話をしました。
 
新人からは、今の自分自身の仕事の進め方や、先輩から受けるフィードバックを振り返り、
「今のままではダメだ。」
「これまでの自分には、どこか甘えがあったのかもしれない。」
そんな言葉が出てきました。
 

新人の心の変化

いざ振り返り、1年目として必死に頑張ってきた自分と、
あと2か月後に迫った2年目としての自分を捉えたときに、
何か心持ちの変化があったのかもしれません。
 
とはいえ、今から2か月で今の自分の課題のすべてを解決することは到底難しいものです。
 

自己効力感を持つという事

この一年を振り返った時に、
「自分ここまで頑張ったな。」
「いろいろ失敗やうまくいかないこともあったけど、この仕事だけは悔いなくやれたな。」
そんな自己効力感を持てる仕事を一つでも作れると糧になるのではないでしょうか。
 
私自身が新人の時を思い、同じだったなということを思い出しました。
営業成績もパッとしない。
仕事の中身も周りと比べて派手なものはない。
 
それでも、あるお客様の案件だけは誰よりもこだわったし、悔いなくやり遂げたと思え、自己効力感を持てる仕事がありました。
あの時のあの感覚が、今の自分の柱の一つになっています。
 
さて、今私の目の前にいる新人2人が2か月後に何を思うか、
本人はもちろん、私にとっても大きな宿題です。

私自身も悔いなくこの一年を終えられるよう、
「ここだけは!」にこだわっていきたいと思います。