新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

新人は忙しい時こそ「振り返り」をしよう

update:
2015 12/24
カテゴリ:
新人フォロー

S新入社員が4月に入社して早くも8ヵ月が立ちました。
ある程度仕事に慣れてきて、そろそろ戦力として活躍して欲しいという思いを
持たれている上司・先輩も多いのではないでしょうか。

順調に成長している新人もいれば、なにかうまくいっておらず、
やる気を失っているように見える…ということもあるかもしれません。
もうすぐ入社2年目になる新人にもう一段成長してもらうために、
上司・先輩は今、どんな関わりをすると良いのでしょうか。


 

この時期(入社8か月目)の新人の状態

リクルートキャリアが新入社員約3000人に定期的にとっているサーベイ(ReCoBookこころチェック)を
見ると、彼ら彼女らが今どんなことで悩んでいるのか見えてきます。

「あなたが今改善したいこと/周囲に支援してほしいことは何ですか?」(11月)

1位:将来どうなりたいかを明確にイメージすること
2位:より高い成果を目指すこと
3位:仕事に前向きに取り組むこと
4位:忙しさからくる時間的負荷
5位:仕事のために自己研鑽(さん)すること

「将来を見据えて今の仕事を進めていきたい/より成果を出したい」といった意欲的な気持ちがある一方で、
「忙しさ」も課題の一つであることがわかります。実は、この「忙しさからくる時間的負荷」の選択率は
4月から毎月上昇しており、11月には約2倍にまでなっています。
任される仕事が増えてきているもののスキルが追いついていないために、
一つ一つの仕事に時間がかかり、手一杯になってきているのでしょう。

この時期の新人の気持ちを代弁すると、こんな感じではないでしょうか。

「今やっている仕事を、次につなげていきたい!」
「こんなことでつまづいている場合じゃない!」という気持ちはあるけれど、
現実は目の前の仕事に追われて、毎日が飛ぶように過ぎていく…あぁ、今日も手をつけられなかった… 

日々、新しいことに挑戦していきたい気持ちと、
与えられたことすらも終わらない現実の狭間でやりきれない状態に陥っている可能性があります。

 

新人はどんなプロセスで成長していくのか?

弊社では、下の図のような一連のステップが成長のサイクルだと考えています。
このサイクルを自ら回し続けられる人が、どんな環境でも成果をあげられる人である、と考えています。
新人が「目の前の難しい現実に試行錯誤しながらもがいている」いうの健全ことなのです。

ぐるぐる図

問題なのは、このサイクルの同じところで留まって、次に進めないことです。
その状態が長く続けば、最初は意欲的だった新人もだんだんモチベーションが下がってきてしまいます。
中でも、このサイクルの中の「気づき」からふりかえり、「意味づけ」をして、
次にのぼる動きができているかどうかは、モチベーションの維持に大きく関わってきます。

日々忙しく仕事をしていても、目の前の仕事から学び取ることができない、
学んだことを他の仕事に生かしていける感覚がない状態が続くと、
何のために今の仕事をしているのか分からなくなってしまうのです。

 

忙しいときこそ、振り返りは効果的

では、どうやってこの状態から抜け出すのか?というと、
自分自身をしっかりと振り返って気付きや意味づけをしていくしかありません。
シンプルな解決策ですが、これが新人にとって難しい理由は、理由があります。

理由1.日々の業務に忙殺されて振り返りの優先順位が下がる。

忙しいと、この振り返りのステップをないがしろになりがちです。
新人が自発的にこの時間を取れると良いのですが、目の前の仕事で頭がいっぱいになっていると、
なかなかそうもいきません。こんな時には、上司・先輩社員が、振り返るように勧めることが必要です。

理由2.振り返ってはいても、気づきの観点・深さが足りない、偏っている。

社会人経験の少ない新人には一側面しか見えていないことも多く、本人は振り返っているつもりでも、
観点が偏ったり、深さが足りなかったりで、結局は良い気付きや意味づけが出来ていないことあります。

こんな時におススメなのは、上司・先輩が、一緒に振り返りの時間を取ることです。
日報や日々の面談の時間を利用して新人が考える機会を提供し、それに付き合うのが効果的です。
例えば、その日の行動の中でうまくいったこと/うまくいかなかったことを一つずつあげてもらい、
それぞれについて理由を考えてみてもらうのも一つの方法です。最近の仕事の中で感じたことや考えたことを
ざっくばらんに話してもらいながら、整理を手伝ったり、新たな観点を示唆したりするのも有効です。
最終的には新人が自ら時間を確保して振り返りをし、サイクルを回していけるように支援していきましょう。