新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

入社半年の新人フォロー面談の進め方 ~きっと新人は元気になる!~

update:
2015 09/28
カテゴリ:
新人フォロー

写真早いもので今年の新入社員が入社して半年が経とうとしています。
新入社員は順調に成長していますか?
人事担当者からは、「入社半年は、ひとつの節目。このタイミングで離職が出たりする」
という声をもチラホラ。「具体的に何か対策をしていますか?」と聞くと
「フォロー面談をやっています」という答えが返ってくることが多いです。

以前本ブログで、「人事面談の基本」をご紹介しましたが、
今回は人事面談の具体的な進め方についてお伝えします!

 

■フォロー面談の位置づけ

人事フォロー面談の大目的は
「中長期的・全社的視点から人事が関わることにより、
新人がよりよい仕事を行えるように支援すること」
です。
入社して半年も経つと、職場や仕事には少しずつ馴染んできます。
入社時よりも、視野・視界も広がっているはずですが、
その分、新たな不安や不満、疑問が生じてくる時期でもありますし、
職場ではなかなか言いにくい悩みを抱える新人も出てくるでしょう。

この節目のタイミングで、人事という第三者の立場で、ガス抜きをしたり、
改めて会社としての期待を伝えて次の成長に向けた後押しをしたりする絶交の機会なのです。

 

■ STEP1:面談の目的を伝える

まずは、新人が素直に自分の状況を話してくれる状態をつくることが重要です。
面談の目的を伝え、人事としてフォローしたいという姿勢を見せましょう。

<トーク例>

「入社して半年間お疲れ様!今日はこの半年間のAさんの状況を聞かせてもらった上で、
さらなるAさんの成長のため人事としても必要な支援をしたいと思っています。
直属の上司や先輩には言いにくいことも言って大丈夫なの、遠慮なく話してね。
人と話しながら現状を振り返ってみるのも良い機会なのでこの場を有効に使って欲しい」

■ STEP2:本人の現状を確認する

仕事の状況や職場での自分の状況をどう思っているのか、どう感じているのかを率直に本人に問います。
「仕事の忙しさの状況」や「うまくいっていると思うこと」や
「うまく行っていない、不安・不満に思っていること」、「モチベーションの状況」など
いろいろ出てくると思いますが、具体的な事実に基づいて、状況を確認していきます。

<トーク例>

「最近の仕事の状況はどう?順調にいっている?具体的に聞かせて」
「具体的に、どんなことに取り組んでいるのが楽しいと感じる?
逆に気が進まない、大変・・と感じることはあったりする?」

■ STEP3:本人にとってどうなることが良いのかを確認する

現在の状況が全体的に確認できたら、本人にとって何が一番気になることなのかを確認していきます。
気になることは多々ある中で、その中でも何を一番変えていきたいのか絞りこんでいきます。
そして、それが改善されて「どういう状態になるのが望ましい」のかを一緒に固めていきたます。

<トーク例>

「今、話した中で、現状を冷静に振り返ってみた時に、一番気になっていることって何かな?」
「話を聞いていると、仕事での周囲の期待になかなか応えきれていないってことが、
気になっているように聞こえるけど、どうかな?」
「今一番気になっていることが、解消されるとどんな状態になると思う?」

■ STEP4:ありたい姿に近づけるためにどうしたらよいかを一緒に考える

「今一番解決したいことと、それが解決できるとどんな状態になるのか」がしっかりと固まったら、
その状態に近づけるためにどうしたらよいかを一緒に知恵を絞ります。
本人一人では難しいようなことがあれば、人事としてサポートできることを伝えてあげましょう。

<トーク例>

「●●な状態をめざすなら、例えばこんなことができるんじゃない?」
「この問題は一人で解決するのは難しいね。●●さんと一緒にやってみてはと思うけど、どうかな?」

■ STEP5:本人の行動の意欲を確認し、後押しをして面談を終える

ありたい姿に近づくためには、最終的には本人が行動しなければ状況は変わりません。
本人が前向きに取り組める解決策になっているか?本人の行動の意欲を確認しましょう。
まだ動けるイメージがなければ、行動できるレベルになるまで具体化していきましょう。

<トーク例>

「いろいろ案は出たね。実際に明日から行動していくと考えたら、動けるイメージは持てたかな?」

 

人事面談の流れ

まとめ

今回は、フォロー面談の具体的な進め方についてステップに沿ってご紹介しました。
フォロー面談は必ずしも1回で終えなくてはいけないわけではありません。
新人が前に進める状態になるまで何回やっても実はいいのです。
せっかくの機会なので、形式で終わらせるのではなく、
新人が元気になって次の一歩を踏み出せる人事面談にトライしてみましょう!