ReCoBook(レコブック)利用企業の声

Case.13

みんなで新人をフォローする

[社会福祉法人 園盛会]

ReCoBook導入事例と新人育成の取り組みを社会福祉法人園盛会 経営本部 管理部採用担当 角田様(写真左)、むさしの園 教育担当主任 村野様(写真中央)、経営本部 管理部次長 高原様(写真右)にお話しを伺いしました。

フォローのタイミングを逃さず、面談で本音を聞くことが出来る

導入のきっかけについて教えてください

弊施設では、以前から新人のフォローとして、先輩職員とペアになって育成を行う「エルダー制度」をとっており、仕事のことはもちろん、仕事以外の事も何でも相談して良いことになっています。ですが、業務特性としてシフト勤務なのでタイミングが合わないなどの理由で、新人がエルダーに相談できず十分にフォローできないこともありました。 現場で相談できずにいた新人から本部に話がくることがあったのですが、もっと早くアラートをキャッチしてあげることはできたら良かったのに…と感じるケースもありました。そのようなタイミングで、リクルートキャリアからReCoBook(レコブック)を紹介されました。ちょうど新しい施設をオープンするタイミングだったので、新人の人数を大幅に増やしたという理由もあり、導入を決定しました。

どのようにお使いいただいていますか?

新人には、2ヵ月に1回の<こころチェック>を回答してもら

Case.11

「時間差なく上司・新人・教育担当で状況を共有」

[有田川町役場]

ReCoBook導入事例と新人育成の取り組みを有田川町役場 総務政策部企画財政課企画財政班副班長 白川様(写真左)、人事給与スタッフ 吉田様(写真中央)、人事給与スタッフ 崩谷様(写真右)にお話しを伺いました。

ReCoBookを使い新人が成長できる雰囲気を醸成

ReCoBook(レコブック)を使うきっかけを教えて頂けますか?

今までも、上司・新人・教育担当で状況を共有するツールとして「職場ノート」という、交換日記を運用していました。これをReCoBookの日誌機能に置き換えることで、手書きの負担を軽減でき、また時間差なく上司・新人・教育担当で状況を共有できると感じました。また、こころチェックを使うことで、離れた拠点にいる新人の様子を人事が知ることができるところにも大きな魅力を感じました。

ReCoBookをどのように使っていますか?

1か月に1回実施するこころチェックと日誌機能を主に利用しています。

ReCoBookを使い良かったことはありますか?

離れた拠点にいる新人の調子も早い段階で知ることができる点は、人事からみて良かった点のひとつです。新人たちの設定目標や日頃の仕事ぶり、上司・教育担当とのやり取りなども知ることができ、必要に応じて日誌にコメントを入れた

Case.9

ReCoBookの一番の魅力は<こころチェック>

[三幸食品株式会社]

ReCoBookの導入事例と新人育成の取り組みを三幸食品株式会社 総務部 次長 渡邉様(写真左)にお伺いしました。

1・2年目の社員も力を発揮し、イキイキと働いて欲しい

ReCoBook導入のきっかけを教えてください

総務部 次長 渡邉様 新入社員は心の変化を把握するため、年に数回、産業医との面談を行っていたのですが、いまひとつうまく活用できていないなと感じているときに、ReCoBookを知りました。 一番の魅力は、<こころチェック>です。結果を第三者である総務がタイムリーに見ることができるため、タイミングを逃すことなくフォローできると感じました。

どのように使っていますか?

入社1年目、2年目の社員にReCoBookを使っています。 3か月に1回、<こころチェック>を受けてもらい、その後面談を実施しています。                       以前と比べ、面談の質が変わりました。<こころチェック>の結果をもとに面談を行うことができるので、「なんだかモヤモヤしている様だけど、どんな状況?」と、ストレートに聞くことができます。 <日誌機能>も使えるなと思いました。 今までは、紙の「振り返りシート」を使っていましたが、1週間まとめて総務に提出されていたため、ミスやクレームがあったこ