ReCoBook(レコブック)利用企業の声

Case.11

「時間差なく上司・新人・教育担当で状況を共有」

[有田川町役場]

ReCoBook導入事例と新人育成の取り組みを有田川町役場 総務政策部企画財政課企画財政班副班長 白川様(写真左)、人事給与スタッフ 吉田様(写真中央)、人事給与スタッフ 崩谷様(写真右)にお話しを伺いました。

ReCoBookを使い新人が成長できる雰囲気を醸成

ReCoBook(レコブック)を使うきっかけを教えて頂けますか?

今までも、上司・新人・教育担当で状況を共有するツールとして「職場ノート」という、交換日記を運用していました。これをReCoBookの日誌機能に置き換えることで、手書きの負担を軽減でき、また時間差なく上司・新人・教育担当で状況を共有できると感じました。また、こころチェックを使うことで、離れた拠点にいる新人の様子を人事が知ることができるところにも大きな魅力を感じました。

ReCoBookをどのように使っていますか?

1か月に1回実施するこころチェックと日誌機能を主に利用しています。

ReCoBookを使い良かったことはありますか?

離れた拠点にいる新人の調子も早い段階で知ることができる点は、人事からみて良かった点のひとつです。新人たちの設定目標や日頃の仕事ぶり、上司・教育担当とのやり取りなども知ることができ、必要に応じて日誌にコメントを入れた

Case.10

「人」がとても大事、だから会社全体で「人」を育てる

[株式会社アサヒビールコミュニケーションズ]

ReCoBook導入事例と新人育成の取り組みを株式会社アサヒビールコミュニケーションズ 管理部人事部門 佐藤様(写真左)と管理部採用担当 松浦様(写真右)にお話しを伺いました。

感覚ではなく、見える形で新人をフォローしたい

ReCoBookを導入頂いたのは2015年3月頃でしたよね?

【松浦様】そうですね、2015年4月入社の新人から使用するため、3月中旬に導入し準備をしました。もうすぐ利用して1年になります。

導入のきっかけを教えてください。

【松浦様】当社は15新卒で4名採用しました。6年振りの新卒採用で久し振りということもあり、入社後に一人ひとりに活躍してもらうためには、どのようにフォローしたら良いかと思案していました。新人フォローも感覚的にするものではなく、見える形で何かできるものはないかと思っていた時に、ReCoBookの<こころチェック>機能を知り、魅力を感じました。 もうひとつの背景としては、当社は全国に支店を展開しているため、入社するとそれぞれの支店に配属となり、物理的に離れてしまいます。各支店にいる新人を、現場だけではなく、人事や本社からもフォローしたいと考えていました。支店配属なので、同期との横のつながりも作りにくいのではないかと懸念しており、会社としてそういう仕組み

Case.7

「人事がReCoBookを活用して『新人』と『現場上司や先輩』を繋ぎ、 会社全体で新人を育成する」

[伊藤忠建材株式会社]

ReCoBook導入事例と新人育成の取り組みを伊藤忠建材株式会社 人事総務部 人事企画課 大谷様(課長)、村上様(2014年新卒入社、人事企画課所属)にお話を伺いました。

ReCoBookを使って人事と現場で一緒に新人を育成する。

ReCoBookを使っている時のエピソードを教えてください。

【大谷】ある地方拠点に配属された新人がReCoBookのこころチェックの結果で心身ともに「ギリギリ」な状態にあることが分かりました。仕事で 失敗できないと強く思うがあまり、動きが止まってしまって、周囲に相談もできていない状況のようでした。新人の間でもリーダー格で、責任感が人一倍強かっ たので、抱え込み過ぎてしまったのかもしれません。 結果を見て、私から現場の上司に「Aさん、疲れているみたいだけど、最近どう?」と聞いてみました。私も現場出身なので良く分かるのですが、 上司たちも、何か上手くいっていないとは薄々感じていて、心あたりはあるんですね(笑)日々接している上司側にも思うところがあるので、人事としてまずは 上司の話を受け止め、その後、「今、言っているのはAさんの個性ではなく、世代全般の特徴。その前提の元で関わってほしい」ことを伝えました。新人Aさん にも個別に話をして、今の状況を聞いた上で「失敗してもいいからやってごらん」