新人・若手の定着と成長を考える人事のためのブログ

ReCoBook(レコブック)公式Blog

ReCoBookご利用中のお客様にアンケートを行いました!

update:
2016 10/27
カテゴリ:
ReCoBook関連お知らせ

ReCoBookは、2014年7月にリリースしてから2年となりました。
すでに480社 約7,800名の新人・若手社員のみなさまに
ご利用いただいております。

最近様々なニュースもあり、改めて私たちの提供するサービスの
在り方について考えさせられています。そんな中、ReCoBookご利用企業に、
「ReCoBookを使ってよかったと思うこと」についてアンケートを
実施することにしました。
いただいた声を拝見し、離れて働く新人がイキイキ働くために、
誰にも知られずにつぶれてしまう新人を一人でも減らすために、
ReCoBookを通じて人事の皆様のフォローをしていきたいという想いを強めています。

他ではあまり見かけないサービスのため、使うとどんなメリットがあるか
イメージがわかないという方に参考にしていただけると思いますので、
ぜひご覧ください。

====================================
【質問】
「どのような場面でReCoBookを導入してよかったと感じましたか?」

【回答】
<新人・若手社員との拠点が遠い>
・ロケーションが離れていても、新人の配属後の様子を伺う事ができ、
フォローが人事側より可能な点
・普段一緒にいないメンバーの心理状況がわかるため
・遠方にいても、新人の現在の状態を知ることができるようになった

<仕事の進捗を確認>
・今までは、各現場で手書きの日報を活用していたので、デジタル化された事で
即効性と、多くの関係者が閲覧する事が可能になった
・新人の日々の活動内容等がコメントから読み取れる
・本人がどんなことを意識して業務にあたっているかがわかる

<新人の悩みをキャッチアップ>
・こちらからヒアリングして感じること聞き取ることとは異なる情報が得られる場合
があり、その点に注意して改めてフォローすることができる
・こころチェックの回答を見て、個別の面談をした際に「お話できてよかったです。
頑張ります。」を新入社員が言ってくれたとき
・新人社員のやる気、疲弊状態を推移で確認できるようになり、
フォローのタイミングが明確になった
・表に出てきにくい心の状態を知ることが出来る

<新人・若手の離職防止>
・育成状況の見える化|こころチェックによる退職リスク回避

<育成力の強化>
・導入前よりも現場の育成担当以外の社員が新人に興味を持つようになった
・コメントを見ることで、先輩社員の新人育成に対する姿勢が見えるようになった
・色々な人が閲覧することができ、新人育成について活発な話ができるようになってきた点

====================================

▼ReCoBook利用企業の声
http://www.recobook.recruit.co.jp/case/

▼日経産業新聞に「ReCoBook(レコブック)」が掲載されました。
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=5A1CB510B4F243AAB7AFAF7AFB81E609